カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

可愛い人の条件といえばどんな感じ?

可愛い人の条件といえば、どのようなものだろうか。周りに可愛いなと思う女性は確かにいるけれど、何をもってして可愛いと思うのかを考えたことはあまりなかった。でも付き合うのならやっぱり可愛い人がいいなと思う。

可愛い人にもたくさんの種類がある。見た目の可愛さだけではなくて、心の中や内面の可愛さもあると思う。本当はそちらの方が重要と思う人もいるだろう。性格美人の女性の方が魅力的と思う男性もいるはずだ。

例えば見た目がどんなに可愛くても、わがままでプレゼントばかりねだるような女性は、あまり付き合いたいとは思わない。もっとお金のある男と付き合えばいいと思うし、自分とは合わないように思う。

それなら少しドジなところはあるけれど、それが可愛いのならそれも良いように思う。あまりにドジすぎて周りに迷惑ばかりかけてしまうようだと、ちょっと困るかもしれないけれど、多少ドジなくらいの方が女性は可愛いように思う。

天然と呼ばれる女性も自分は結構好みだ。そういう女性は基本的に可愛い場合が多い。天然のフリをしていて全然違うような女性もいるけれど、真面目そうに見えて実は天然だったという女性は、後からそのギャップに魅力を感じることもあるだろう。

自分も少し天然のところがあるので、二人でそれで笑い合えたらうれしいと思う。自分の天然さを受け入れてくれるような女性なら、それもうれしいように感じる。実際に自分の天然さで、振られた経験がある。

たよりないと言われてしまった。確かにそうかもしれないけれど、自分では努力をしていたのでショックだった。でもこのぐらいの傷は誰でも持っているように思う。恋愛の傷があるけれど、これも経験だと思い大切にしていければそれでいいように感じる。

辛いことを引きずってしまう人は多いかもしれない。出来れば恋愛で辛い経験はしたくないと思う気持ちもあるだろう。大切な自分自身の心だから出来れば傷つけられたくないと思うかもしれない。

でもその経験は必ず役立つものになるだろう。自分の経験のおかげで誰かを支えるようなことが出来れば、それはとても嬉しいことだ。実際に自分の中でこんなに苦しいことはないだろうと思うような経験もある。

でもそれを思い出して今胸がいたくても、進んでいかなくてはいけない。相手も頑張って進んでいるように思う。例えば元カノの結婚の話を聞くと複雑な思いを持つことがある。それを実際に経験したことがある。

本当は自分が幸せにしたかった。もっと近くで支えたかった。でもそれが出来なかった。何が世の中で一番大切なのか、その時ほど悩んだことは無い。こんな思いをするぐらいなら出会なければ良かったと後悔をする気持ちもあった。

でも幸せな時間もあった。一緒にいて学んだものや得たこともたくさんある。こういう経験は、本当に相手を好きだったからこそだと思う。適当な思いではなくて本当に好きだった。こんなに好きな相手にはもう出会えないかもしれないと思っていた。

でもいつまでも立ち止まってはいられない。歩き出さないと何も始まらないと思うと、もっと自分らしさを大切にしながら努力をしようと思う。可愛い人の条件を元カノと比較はしたくない。

それぞれの女性に可愛さがあると思うから。それを大切にしている女性が多いように思う。好きな人の前では皆可愛い女性なのかもしれないと思う。可愛くなりたくて努力をしている女性はとても魅力的だ。

いつか出会える男性のために、可愛くなろうと努力をしている女性、それは全て可愛い女性の定義に入るのではないだろうか。こういう女性といつか出会えるように自分も自分自身を磨いていかないと、と思っている。